スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会えない人物→現場監督

●現場監督に会った事はあるか?
あなたは「現場監督」に会った事はあるか?
読売巨人軍の原監督じゃない。
工事現場の現場監督だ。
しかも住宅とかの小さな建物ではなく、ビルや病院、マンションなどの大きな建物の現場監督だ。
ほとんどの人は会った事がないと思う。
身の回りで工事現場は沢山あるから、結構出会いそうなもんだが、見掛けた事はあっても話したり、友人に現場監督がいるという人はなかなかいないだろう。
飲み会や合コンで現場監督に会った事がある人もまずいない。
どこかの会社の社長や営業マン、OL、IT技術者、看護師、デザイナー等の人達には案外会った事があったり、友人にいたり、飲み会で出会ったりするものだ。

●なぜ出会う機会がないのか?
ではなぜ現場監督に会う機会がないのか?
答えは単純で皆が起きて生活している時間に「工事現場の外に出て来ないから」である。
現場監督はエンジニアで現場が大好きだから工事現場から出て来ないとか、そういう訳ではない。
朝早くから夜中まで工事現場と現場事務所の中で仕事をしていて、滅多な事では外の世界に出て来れない。
だから出会う機会なんてない。

●現場監督朝昼晩
では現場監督はいったいどんな1日を過ごしているのだろうか?
現場監督の1日を追ってみよう。

AM7:45  工事現場の現場事務所に出勤。
AM8:00  朝礼&ラジオ体操。
AM8:15  朝の現場巡回。
AM9:00  現場事務所に戻って、資材の発注や下請け業者への連絡。
AM9:20  職人からTELあり。作り方がわからないとの連絡で工事現場へダッシュ、作り方を説明する。
AM10:00 現場事務所に戻って、描き掛けの図面の続きを描き始める。
AM11:00 職人からTELあり。図面どおりに作ると扉にぶつかるとの連絡。現場へダッシュし納め方を説明する。
PM0:00  お昼休み。弁当を急いで食べて、PM1:00まで昼寝。いびきをかきながら寝る。
PM1:00  現場事務所で図面描きの続き。
 途中何度か職人に呼びだされて現場へダッシュ。
PM5:00  定時で上がる職人の進捗確認。職長さんから工事進捗を聞きメモする。
PM6:00  追加資材の発注。下請け業者にいつ入って欲しいかの連絡。
PM7:00  夕方の現場巡回。今日の作業進捗、作業品質の確認に行く。手抜きや間違いがあればメモする。
PM8:00  出前を取り、晩ご飯を食べる。
PM9:00  残業の職人が帰るので進捗聞きとり。
PM10:00 現場全体を巡回し、危険箇所がないか不審者が入っていないかのチェック後に工事現場を閉める。
PM11:00 今日の作業進捗まとめ、作業日誌付け。図面描き。
AM2:00  現場を後にする。

夜帰る時間はだいたいAM0:00~3:00くらいのどこか。
日々の平均睡眠時間3~5時間程度か。

まぁこんなもんです。
工事現場以外の場所にいる時間は、AM2:00~AM7:45
この時間はだいたい皆、寝ているか出勤するのに忙しい時間帯。
だから見掛けないのである。

●徹夜もあるよ
さらに言うと竣工間際(完成間近)になると、徹夜作業も普通にある。
夜中の5時位まで工事現場で駆けずり廻り、現場事務所に戻ってきて自分の机の下に段ボールを引いてゴロンと寝転がり、泥のように眠る。寝たところでAM7:30には起きて次の日の仕事が始まる。
布団ではなく段ボールの上で寝るから体はあちこち痛いし、風呂にも入ってないから体のあちこちが痒い。
しかし、風呂に入る時間も、布団で寝る時間もない。
とにかく現場での仕事が、到底終わらないボリュームで待っているから時間がない。
しかし「3月31日竣工!」とかの期限を延ばせる訳がないから、無理でもなんでもやるしかない。
その歪みを一身に受けるのが工事現場の現場監督である。

あぁ、なんと哀れな現場監督!
現場監督に幸あれ!
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪ - ジャンル : 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。